賞味と消費の期限

今さらこの違いについて説明するまでもありませんがいつもの身近にある食品はほとんどが賞味期限→先日頂いてきたどら焼きには4月23日が記載されていたのでもう三日も過ぎていたのですが美味しく食べられる期限だから いつもの要領でまだまだいける!とばかりに昨日口にしましたが包装フイルムに貼られたタグを見たらナント消費期限!←期限が長いものは密閉されて脱酸素剤←怖そうなネーミング)などが酸化防止目的で同封されていますが気がつくとそれが入ってなくて開封状態で口が折ってあるだけで乾燥や汚れ?を防ぐ為だけの包装だったのですね一個ずつの手焼きと聞いていましたのでタブン素手 軍手 ビニ手袋などで触った作業では常在菌があちこちに居てたっぷり着いているので←たぶん熱でほとんど死滅していると思うのですが腐敗が始まる前のたった二日間←幸運にもコロナウイルスでも付着していたら感染しても無症状の人が多いと云われているのでワクチンを打つより効率良く自然免疫力を獲得できるので期待しているのですがまだ潜伏期間中らしくその兆候はなくて消費期限を三日も過ぎていたのに体調に変化無し!今回の騒動と同じであまり真面目に捉えるほどの期限設定ではなくてショセンお役所仕事!食品は製造は同じでも流通過程や消耗するまでの環境はそれぞれですが人も産まれて育った境遇それぞれ違った環境で活きて居て思考も十人十色←ソレなのに全品全員一律で同じ決まり事を押し付けるのでオカシナ世相になってしまうのですがどら焼きで説明すると納得されると思うのですがコロナ騒動は根拠が無い茶番をマスコミなどが煽ったのが最大の原因←戦争仕掛け人A級戦犯と云うネット書き込み多数あり!)もう内の子供達も賞味期限が当日でも手を付けず一日でも過ぎていたら毒でも食べさせられる様に敬遠するのですがこれもTVなどからの情報操作が影響しているのかも知れません!こちらは人生の消費期限が見える年頃ですが賞味期限はまだまだ続きそう←自賛ですが)世相に影響される事なく背を向けて逆らっても生きて活きていくのですね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です