病はストレスと血流から

一年中で今は一番快適なシーズンですが訳は気温が何をするのにも20°前後ということはたとえこれより数度上がったとしても湿度が低い場合には人の体は爽快感があってとにかく何か目標があって適度に体を動かしている時は人として生きている実感があるのですが←そんなに大げさに普段は考える事はないのですがそんな季節なのに体は至って健康ながらどうも心身が高揚しない事があるのですが気の持ちようと自分を励ましてみても性格かもしれませんが細かな事が気になって病気が内蔵?されていて何時の日かには自覚発症するのでは?との不安とまでは云わなくてもそれが自分では気が付かない肉体的なストレスとなって積み重なると本来無かった疾患が発生してしまう様ですが←かつては風邪は万病の素と言われてこれはイコールまだ殆ど解明されていないウイルスの仕業で言葉としては生きているのですが最近では全ての体の不調はこのストレスが大きな要因と言われ始めていますが大いに関連するのが血流問題もプラスされてこの二つを上手くコントロール?できれば病から解放?されるのですが善良で信頼できる医療関係の方から直接聞いたところ血圧コレステロール血糖値などは一時的な体内数値でイッサイ気に掛ける必要はなくて→だから薬を飲むなどの医療行為は害こそあって意味がない!との事ですが昨日は最近手に入れた血流改善の本を読んでまさに今まで思い浮かべてきた健康思考とピッタリで納得しましたが人の体は機械ではないので一様には言えませんが病はストレスと血流でかなり改善されることは確実性の高い情報ではないかとつくづく考えさせられたのです!

《可憐な小▷らしくありません!》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。