マナーは厳守ルールは臨機応変!

「ちょっとオジさん言ってる事が逆じゃないの?」っと言われそうですが日本人は実ジツを取らずに体裁や建前を優先させる良く言えば奥ゆかしさ、親和を重んじる人種?コロナでのマスクとワクチン接種はその最たる象徴的出来事ですが人間は皆個性があり考え方生き様生活慣習など別々で国中一つの決まり事ルールで括ってしまうと、どこかに歪みが出て太刀打ちできなくなってしまいますがそこは大人として臨機応変に対応して良い意味での要領よくして外公的に生きていかねばなりません!もうどんなに説得してもこの騒動でこの二つを一体いつまで意味の無い自身を痛めてつけながらも続けるのですか!っと理解させて元に変えさせる事は不可能!間違った社会ルールを思考停止してるばっかりにひたすら厳守して今のご時世「ヒトとしてのマナーだ!」とばかりに←笑い話ではなくて「コロナで死ぬよりワクチンで死んだ方がマシだ!」っと近親者が言ったのはただ呆れるばかりで二の句が出ませんでしたがまるで悪名高い新興宗教に洗脳された人間になってしまった様子でまさかの親族分断!ルールといえばよく問題になるのが交通法規→法律は交通の▷安全と▷円滑な流れを図って道路交通法がありますが最近は重い槍ユズリアイなどっと言って間違った歩行者優先が横行して事故につながるケースが多くなってますが思いやる気持ちは車側の考えですが歩行者にとってはそれがトウゼンと理解されて横断歩道でも無い場所を車が迫っているのに道を渡り始める老人子供もいますが「どうせ車が止まってくれるだろう!」との勝手なルールをつくって?逆に道幅が数mしかないのに見える範囲に車が来てないのに歩行者用の信号が赤なので昨日など雨で傘もささずにじっと立ちすくんでいる大人を見かけましたが実直と云えば聞こえは良いのですがもうちょっと実情を優先して臨機応変に行動できないもんかと不思議でならないのです→確かに交通に限らず日常身近にある社会生活でも最低限他人に迷惑を掛けずに生きなければなりませんが一律に決まったルールを頑カタクなに守ってしまうと逆に相手に不快迷惑がかかってしまう事はよくある話でルールは時として無視してでもマナーと云う潤滑油?で快適な社会生活ができると良いのですが⁈具体的な事例を挙げてみましょうか!

《空室に誰か泊まった?ルール違反者!》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です