けんとう付けてケントウ!

ケントウと聞いてボクシングが頭に浮かぶ人は私と同世代?人は本来なら他人と競う闘争本能があって然るべき生き物で大昔から戦争などと主に領土争いや宗教上の違いが発端になって悪い意味での争い事が繰り返えされて来ましたが平和になった現在は競技 スポーツとして健全なる闘争?その最たるものはオリンピック⁈←参加するのに意味と意義があった時代は人の能力▷走る▷投げる▷持ち上げる▷格闘するなど単純な力比べで今でもその原点的な競技会が昔から世界中で行われていますがブーメランも狩猟に使われた説や回帰性を願った祈祷で祭礼に使われたとの説もありその余興で誰が一番正確に戻す事ができるか!←現在はアキュラシーと云う競技会での種目がありますが)などとごく単純に競い合うスポーツの祭典があったのかもしれません!←見当付けて奥の憶測)仕事上でも「見当を付ける」などと言いますが昔の大工さんや自分などでも襖の製作をする際は1ミリ単位のメートル定規より最小単位が1分ブ約3ミリ)とする矩尺カネジャクが今でも主流でこの3ミリの範囲は途中に5厘リン目がありますが目メ見当で作業をしますが長年やっていると勘という能力はすごいモノでいつもの大工さんと仕事をしていても「三分強長くして!」と言いながら測りもしないでカットしてもぴったり収まるのですね!ところでもう間近に迫った東京五輪地元に住んでいてもその気配は商店街に白々しく?掲げられたTOKYO2020のエンブレムくらいで一向に盛り上がった雰囲気はありませんがこれもネット情報ですが国民の7割が否定的と云われている開催問題は遅くも3月までには見当が付いて←コロナ騒動が決着して)開催の有無が発表される!との情報はいまだに実現せずに聖火リレーなど見切り発進してワザとらしいムード創り?最初から無関心派の自分はどうでもよいのですが「人類が疫病を克服した証として開催する!」と今もってお偉いさん方は発言してますが「私に制圧をする責務があります!」とはトンダ見当と検討違いで何をやっても不発でそもそもコロナ自体の存在も怪しまれてきた昨今 対策そのものも二転三転で右往左往矛盾だらけでやっと気づき始めた人達はマスクなどして体裁を採ってはいますが不要不急の人集りは身の周りはもちろん都内随所に見られて相変わらずのTVなどでの煽り報道と裏腹の社会情勢は一市民としては面白いのですがどこにこの二つの問題の着地点を見出すのか世の指導者とマスコミはタブン今頃混迷を極めているのではないかと余計な見当を付けていますが本日はケントウで思い付いた雑記でお粗末様でした!


《見当がつけて見事にキャッチ!》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です