名称変更への想い!

名は体を表すと言いますが個人の名前→姓はその家の伝統を伝えて名は親が子に託す期待が込められている様に感じるのですがいかがでしょうか?女性は多くの方が人生の途中で姓を変えますが名称が変更されても人間人物が変わってしまう訳ではなさそうですが基本的な性格には見掛け上の変化はないものの→子孫を遺し育て守る生物的な本能によって♀は強く逞しく変遷?するのですが←ありゃまた話題が偏向してしまいましたが自分の仕事上の名前は表具店→東京に出て自営として始めた際 仕事場として借りた場所が練馬区内の昨日も記した豊島園に隣接した春日町で自分としては「カスガ」との言葉の響きが何となく品格があって都会っぽかったので『春日表具店』として看板を掲げて親にも報告をして⬅︎特に父親は自分が東京で弟子入りして本業を目指していましたが諸般の事情?により已むなく勤め人となりましたが自分が成し得なかった職業を従順な子供←私の事)が継ぐと決めた時は大いに喜んでくれて腕時計←当時の高卒者の初任給二枚円以上した)を買ってもらい今でも家の何処かにあるはずですが)➡︎帰郷した際多分に喜んでくれるだろうとの思惑は期待はずれで「なんで(渡辺)にしなかったんだ!」とポツリ!思いもよらない反応に父親もそうだったかもしれませんが自分も←その時は愛用していた腕時計に親の期待と信頼を裏切った感情に)それ以上にがっかりしてゴム印社判まで作っての東京での創業は一年も経過しない内に仕事場を住まいの近くに移転したのを境に名称を変更した記憶が蘇りますがジツは(表具店)と云う名称も昔からですが市民権?馴染みが薄く認知度は低め?本来は掛軸屏風襖などの制作業ですが仕事内容は少し異なりますがイットキ「・・・インテリア」などと名乗った同業仲間もいて新し物好きとしては魅かれた名称でしたがそこまでの勇気?はなくて(住まいの内装 わたなべ)と父親もこだわった←固有名詞も入ってたぶん安心しているかも)性格 性分通り?の大人しめの名称を謳っているのです!


《住まいの外装のお仕事》

「名称変更への想い!」への1件のフィードバック

  1. ご覧の写真は数年毎に住まいの諸問題発生の際に頼って頂いているお客様からの依頼で敷地内の水溜り除草などの解決策として提案した砕石敷き込み!長男の幼友達で親友でもある土建屋さん→この人も父親の家業を継がれた方ですが昨日予定どおり完了して確認したところ!この下には草除けシートも敷かれて全体で1リュウべ2.5トン?の砕石は二つの目的とキレイ化を達成してくれるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です