開放感を味わう

今年の梅雨入りは5月末ごろから続いた曇天降雨模様があってはっきりした見解が無かったようですが先日の16日でしたか梅雨明けが発表されて今年はドンピシャ大正解!夜深夜になっても自室の温度計は二階北側ながら通風が良くないせいもあってまだ31度エアコンなしですがスタンド型の扇風機は風呂上がりの身体を?優しくそよぐ気化熱でのクーラー感覚は浴衣の君は側にはいませんがウチワで扇がれている様で気分最高!現在進行中の建物は鉄筋ながら立地が真北南向きなので風の通りが良くて以降真夏日が続いていますが気温は連日の猛暑との報道がありますが至たって夜も作業中も快適な環境はありがたい思い→昨日は休日は休業を余儀なくされて地元の賃貸アパート←以前原状回復工事をやった部屋が入居者が決まって再クリーニングに行きましたが写真に見えている北側の住宅と逆の通路側には三階のこの部屋からは大きなマンション20世帯以上のベランダが見渡せるのですがなんとこの暑さの中→窓は閉まったまま洗濯物は風に揺れていて適度の風はあるのに住んでいるはずの住宅は日当たりを嫌ってかシャッターまで下りていて今に始まった事ではありませんが昔人間←自然に順応して活きる)にとっては異様な?光景!小学校で理科の先生が教えてくれた言葉→車や工場から出る排気ガスがコワイから家に閉じこもっているより「やっぱり外の空気が一番綺麗なんですよ!」っと言われましたが部屋の空気は人の息だけでもガスの燃焼でも衣服から出るゴミとダニなどの微細な物で汚れる一方!窓を閉めて室温だけの適温を快適環境とキメテいると汚染された空気はカビの発生にも関わってエアコンで掻き回すのでその悪影響は効率的に人体に悪作用?まさか自宅でマスクをしている方は居ないでしょうが呼吸器への負担は増すばかり!タバコばかり悪者扱いされますが近年よく聞く肺の疾患が多いのはこんな室内環境が影響しているのかも知れません!脅かす様ですが人体を蝕んでいるかも知れません!まあ現代の住宅は耐震性能を重視するあまり窓を小さくする傾向はあり子供の家などもそうですが通風は解ってはいるけど冬の暖房も考えると各部屋にエアコンは必須の住宅設備なのだそうで「自然体が一番!」などとノタまわっても誰も相手にして貰えそうにありませんが閉塞された空間は気分も陰湿になりがちですがたまにはこんな開放感で環境的な狭さは仕方ないとしても空気の入れ替えだけでも脳に新鮮な血液が供給されて全身の活力が生まれますので通風と云う意味での解放感について考えてみましょう!また上から目線で〆てみました!


《空間は使い方次第で快適性が決まる!》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です