死生観とは

ちょっとオダヤカではない書き出しですが私のことですからそんなに重くなる話ではありませんがコロナ騒動の裏側では実際の病死より自死の方がはるかに多い?とネット上などでは云われていて失業などで先行きを悲観しての行為と思いがちですがモチロンそれもあるのでしょうが先日SNSの書き込みを見ていたら若い女性からで如何も角度が違う問題がありコロナ以前にもメールなどで知り合った者同志が年齢に関わらずクルマの中で集団自死などの報道はありましたが皆自分達の現状を憂いて先行きを悲観しての行動かと思うのは一般的な考え方→昔はなかった豊かさがもたらした負の人間感情ではないかと思うのですがいかがでしょうか!「私を産んでくれと頼んだ覚えは無い!」などと親に思春期の子供がタテツク話しを聞いた覚えがありましたが人間に限らず生き物は雑多な欲 本能で生きているのですが私世代は子供の時から全てゼロから這い上がって来た人種で▷食欲▷環境に耐える▷人間関係の構築▷自立への努力など親には大部分の支援をもらいながらもアコガレ希望をもって今でもそれなりに好奇心もあり生き甲斐を感じながら老い先←人として機能しなくなった時)の事は闇の向こうに置いといて人生を楽しんでいるつもりですが今の若者に限らず豊かすぎる環境は・・したい・・であったら良いのに←などのトクに単身者と云うと語弊がありますが常に関わる人が居なくて考え方も孤立しがちでこんな欲望も遮るものがないので自由に叶える為の活動ができそうですが逆で子供の頃から満たされ過ぎた環境はすべての欲望を失い人生の中程までも達していないのに(生き続けたい)と云う生き物の欲本能さえ失って死に至らないまでも脱力無力感を持っている人間層?が存在する事は事実!←昔なら我々世代になると充実した暮らしをしてきた人こそ老後に脱力感を感じて(もういいや!)的に自身で他界への道を決める方が知り合いにもいましたがその人にとっては納得の人生と御見送りをさせて頂きましたが今の若い方達にも一部通じる話ではありますが違うのは人間関係←親に世話になったのは当然としても人間ヒトリで大きくなったワケではなくて→これからもずっと続くであろう人間関係 一人では生きていけないのですバカリか個人の存在は他人に多大な影響力がある社会の一員であることを忘れないでほしいのです!コロナはどこにも居ません!マスクを外して表に出ましょう!仕掛けられた社会の罠にはまらない様に希望をまだまだたくさん転がっていますので群れて人生を楽しみましょう!←時間ないので途中割アイして締めました)


《時にはこんな画像でオドかすw》胡麻貸す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です