萌える心も燃えるゴミに!

この騒ぎが始まってから聞いた言葉には最近では(まん防)とか云った新語が創られたり聞いた事がなかった(エビデンス)などの外国語が盛んに使われたりしてコロナ自体の存在が怪しまれてその被害がどう説明されても明確ではないのに個人的な生活はもちろん→こんなに経済文化伝統まで崩壊させていいのだろうかと←繰返しになりますが毎日思うのですが昨日ツイに自分にも影響がアリありがたいプレゼントが届きナント手作りマスク!←優しくて うら若き女性からのっと書きたいところですが?▷いつも着けてない様だから何か理由でもあるかと思って市売品は白ばかりだがこれは汚れが目立たないし洗って使えるので便利ですよ◁との助言付き→自分としては着けないレッキとしたエビデンス(根拠 証拠)があるのにもう大きなお世話の極み!どうしたものかと考えましたがここにも度々書くようにタンに感染防止効果が無くて不要ばかりか細菌の温床になってとくに発育盛りの子供や心肺機能が衰えた高齢者にとっては体の負担になるばかりで項ウナ垂れて道で行き交うそんな方々を見ていると本人が信じてやっているのならこれも大きなお世話になってしまうのでしょうが子供には(虐待)お年寄りには(哀れみ)さえ感じてしまうのですが偏見でしょうか!←こんな言葉で一旦差し出されたマスクをお断りしましたが「何かの時に役に立つから」っと言われたのでこれ以上ムダな抵抗?を続けると人間関係にもヒビが入りそうだったので→このところ▷他人が着けているのを見る事▷触ることさえも背筋が凍りつくほどの嫌悪感⁈←ストレスからのアレルギーになりそうですが渋々受け取ってその時点で判らないように本日の現場から出た個人的なゴミレジ袋に投入して家に帰ってからもしバレたら何かの形で持って保存)いないとまずかなーとは考えましたがちょうど本日は地区の燃えるゴミの日→気持ちは揺れ動いてモヤモヤした萌える物体?思い切って45ℓゴミ袋に投げ!入れたのです。


《世間の喧騒とは関係なくシュンとした蘭》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です