オガタさんちの梅!

毎年 家の近くに在って寒の頃から咲き始める枝垂れ梅がたぶんこれも菊などといっしょで寒暖ではなくて日照時間を察しての開花←勝手な推測)らしくこんな厳寒期に先に描いたロウバイと共に肩を並べる?早春を告げる代表格!毎朝仕事車の駐車場に向かうのにこの木の下を通るので蕾が膨らみ開花してハザクラではなくて葉が出て秋に散るまでこの木は毎年植生が旺盛で枝もご覧の通り繁茂して花をたくさん付けて咲くばかりかその実も多く実るのですが折々の梅の変化→生涯?を楽しみにしているのですが自分がこの地に移ってきた時には既にこのお宅は在って玄関前に植えられているのでもう40年近くのお付き合い?当の主人アルジは奥様がお一人で長く住われていましたがもうずいぶん前に施設に入ったとかで今では音信が途絶えていますが空き家状態!自宅近くにはこんな我々世代より上の方がお住まいだった住宅はこんな住む人がいない家が半径わずか数百m以内に何軒も点在して昔なら世代交代して若い方が住み続けるはずの家もハイオクと云ってもガソリンではなくて廃屋!←笑ってはいられません!自分の家も二人暮らしイズレはその命運が回って来るかも知れず他人事ではありません!→幸いと云うか仕方ないと諦めた方がよいのか長男が「二人が居亡くなったらこの家は壊して自分たちが住むから!」っと曰ノタマうく⁈しっかり者か ちゃっかり人間か判りませんが「昔ここには変わった人間が住んでいたなー」などと云われる事なく→忘れ去られた廃屋(土地)にはならずに済みそう?まもなく本格的な春の到来を前に梅の花一つに毎年繰り返される植物の生涯と一回きりの人生の生涯を重ねて気候的に気持ちも荒む冬から暖かくなる季節に向けてまた新たな心の芽生えを期待するのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です